毎日の生活を楽しく!おすすめ情報をご紹介中

飛行機搭乗前にトラブル発生!3歳&10ヶ月の息子とのハラハラ体験

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

子ども連れで飛行機に乗るのは、ママからすると大変ですね。搭乗するための準備もかかせません。
しかし、飛行機に乗る前も油断はできないのです。

いざという時にトイレに行くことになったり、ぐずって言うことを聞かなくなったり・・・
急に体調が悪くなることもあります。

突然のトラブルは予測ができませんが、万が一に備えて色々なトラブルやアクシデントを知っておくことは大切でしょう。
今回は、まさかの搭乗前のトラブルでハラハラしたというLさんんの体験談をご紹介します。

スポンサーリンク

3歳と10ヶ月の息子が飛行機初体験

3歳の息子がおかあさんといっしょに出演参加するために私と子ども2人と私の母で東京へ行きました。行きは新幹線を使いましたが、帰りは上の息子の希望で飛行機にしました。

帰りは小さい子どもも2人連れているので余裕をもって空港に着いていました。お土産を見たり、子どものグズり対策として子ども向けの雑誌を買ったりお菓子を買ったりして準備は完璧!
が・・・トラブルか発生したのです。

3歳の息子が便秘で腹痛を起こして空港に響き渡るほどの声で鳴き始めました
なにをしても泣き止まないので急いでトイレに行き、オムツを外すとお尻が切れて出血を起こしていました。

早く出してあげようと思い必死で頑張りなんとか詰まったものを出すことができ、息子も泣き疲れたのか眠ってしまいました。

しかし、ホッとしたのもつかの間、私たちが乗る飛行機の搭乗手続きがまもなく終了するとのアナウンスが聞こえたのです。

搭乗手続きが終了!?猛ダッシュで走る

空港
ここまできて乗り遅れるなんてしたくありません。
荷物と眠っている息子を抱えながら猛ダッシュで走ります。ギリギリで滑り込みなんとかセーフでした。

母がいたのでよかったですが、大人が私ひとりだったらどうなっていたでしょうか。
万が一に備えて余裕をもって空港に来たし、グズり対策も完璧にしておいたにもかかわらず、トラブルは突然起こるものですね。

眠っている息子もよっぽど疲れたのか全く起きることなく、わたしたち大人がどれほど焦ったことか知ることもないだろうなと思いつつ、飛行機の座席に座ってほんとにやりきった気持ちでいっぱいでした。

上の息子は初めて乗る飛行機に感動し、大人しく雑誌を読んでいました。
客室乗務員の方も親切に上の息子に話しかけてくれてとても嬉しそうでした。

やや着陸の際は耳が痛いと上の息子も不安そうな表情でしたが、なんとか関西空港に到着。
お迎えに来てくれた主人をみて本当にやりきったぞっと自分を褒めたかったです。

なにより飛行機の前に下の子が泣いたこと、飛行機にギリギリ間に合ったこと、飛行機で下の子がずっと眠ってくれていたこと、トラブルはあったものの全て運が良かったと思います。これまでで1番大変な旅行をしてきたけど、一生忘れないハラハラドキドキの旅行になりました。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Reisaのおすすめ情報体験談 , 2016 All Rights Reserved.