毎日の生活を楽しく!おすすめ情報をご紹介中

提携各社のポイントからANAマイルに交換すると損をする?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

買い物をする時に、便利にポイントが貯まるサービスが増えていますね。
そのポイントを利用してANAマイルに交換している方、しようと思っている方もいるでしょうが、実は損をしてしまうかも!?

スポンサーリンク

提携各社のポイントはスカイコインへの交換がおすすめ!

提携各社のポイントをANAマイルに移行すると、提携元では1ポイント=1円で使えるのに対してANAマイルでは0.5円かそれ以下の価値になってしまいます。
したがって、必要がなければANAマイルに交換しない方がお得であるかもしれません。

ANAにはマイルとスカイコインの2種類のポイントがあり、nanacoポイントのようにANAマイルでは500ポイント=250マイル、500ポイント=500スカイコインといった具合にスカイコインの方が優遇レートである場合が多いです。

スカイコインは航空券の支払いくらいしか使い道はありませんが、私の場合、私費で航空便を利用する機会が多いのでnanacoやPexポイントからANAへの交換はマイルではなくスカイコインを選択しています。

ANAマイレージモールの利用で二重取り、三重取りが可能に!

ネット
楽天やヤマダ電機等はANAマイレージモールに加盟しており、マイレージモールを経由して買い物をするとANAマイルを獲得できます

ANAカード決済でこれを利用すれば、
①マイレージモールによる獲得マイル
②クレジットカード会社が付与するポイントを獲得
③楽天やヤマダ等提携先のポイントを獲得

※②と③については提携先からANAマイルへ移行・交換する必要あり。
と多くのマイルを獲得することが可能となります。

私は楽天等を利用する際にはこの方法でANAマイルを獲得しています。

ANAマイルに交換できる主なポイント

提携先からANAマイルに交換する場合は1ポイント=0.5ANAマイルのレート以上かどうかが分岐点になると思います。ただし、後述のように実質200円=1ポイント=0.5マイルとなるようなレートがあるので、そのあたりはマイルに交換するべきかどうか判断が難しいです。

●楽天スーパーポイント (2ポイント→1マイル)
●マツモトキヨシ (500ポイント→100マイル)
●ヤマダポイント (4,000ポイント→1,000マイル)
●T-Point (500ポイント→250マイル)

※以前は楽天ポイントと同様にANAマイルに交換すべきおすすめのポイントでしたが、今は全くお勧めできません。ファミリーマートでのポイント付与が200円で1ポイントになって以降、実質レートが悪化したからです。今はT-Pointよりも先述のnanacoを貯めて交換した方がお得です。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Reisaのおすすめ情報体験談 , 2016 All Rights Reserved.