毎日の生活を楽しく!おすすめ情報をご紹介中

広島人が案内する広島市内~宮島までを旅する方法<交通手段>

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

宮島は、世界遺産を擁するだけに、素晴らしい見どころを抱えた島です。
紅葉で知られる宮島ではありますが、春・夏・冬…どの時期に行っても、とても素敵な島です。
歴史があり、神社仏閣はどれも素敵、歩くだけで楽しい島だと言えます。

今回は、広島市内から宮島まで行く交通手段を、広島在住のMさんに伺いました。

スポンサーリンク

広島人は、広電かJRを利用する

宮島へ行く方法として、広島の人間は、広電(広島電鉄の路面電車・フェリー)かJR(電車・フェリー)を使います。他にも、高速船を使う方法もありますが、90%以上の広島人は、広電かJRになると思います。

断然お得に宮島に行ける方法は、広電を利用することですが、時間がとてもかかるところが難点です。1時間半は、ゆうにかかってしまいます。

そこで、新幹線を利用される方でしたら、JR五日市駅までJRに乗って、そこから広電に乗り換えるという方法もあります。
この方法を使うと、片道190円で済むし、ちょっと早く宮島にたどり着けるメリットがあります。

特定区間の運賃計算でできるのです。
東京都内、大阪市内などで、よく使われる方法なので、聞いたことがあると思います。
予め、荷物をホテルに送って、預けてもらっている人だと、十分できる方法です。

バリアフリーはまだ完全対応していない

ただ、これは広島の駅・電停について、結構言えることですが、まだバリアフリーは完全でないところが多々あります。

まだ間に合っているからともいえるのですが、広電・JRともまだ乗り降りすることそのものが、大変なところがいくつかあります。
特に古い駅は、まだまだバリアフリーに遠いところがあります。

もし、広島市内・宮島へ行くことがある方で、高齢の方、身体が不自由な方、車いすの方と一緒に旅される場合は、時間にゆとりをもっておくことをお勧めします。

東京や大阪のように、JRも広電も便数が多くありません。ゆったりとした旅を組まれるよう、お願いします。

小銭を用意しておこう


最後に、JRも以前ほどではないですが、様々な案件でよく止まります。
都会の人には信じられないかもしれませんが、広島県内では、動物に体当たりされてしまった、倒木や倒竹といった、実にローカルな理由で、電車が止まってしまうこともよくあります。

そういうときのために、普段はクレジットカードをよくお使いになる方も、小銭をご用意されることをお勧めします。
いつ、予期せぬ理由で広電に乗るかもしれないからです。

いろいろ書きましたが、私は広島にお越しになる以上は、宮島へのお参りをお勧めします。
満潮でしたら、厳島神社が海に浮かぶように見えたり、干潮だと大鳥居のそばまで近寄って見えます。
勝海舟が和議を交わしたお寺もあります。書いていると、私も今行きたくなります。

どうぞ、広島・宮島へお越しください。お待ちしています。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Reisaのおすすめ情報体験談 , 2018 All Rights Reserved.