毎日の生活を楽しく!おすすめ情報をご紹介中

ドイツのドイツ語(標準ドイツ語)とスイスドイツ語はこんなに違いがある

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ドイツ語圏のスイス。留学先をスイスにした場合、ドイツ語の勉強になると思ってしまいそうですが、実はスイスでのドイツ語と標準のドイツのドイツ語は全然違うそうです。

英語も国によってクセがありますが、スイスドイツ語もクセがあるようですね。
スイスに留学したMさんの体験談をご覧ください。

ドイツ語を勉強したい人は参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

スイスに留学

大学在学中にドイツ語圏に1年間留学に行きたいと思っていたので、大学1年の時からドイツ語を猛勉強し、試験に合格、大学2年の夏からスイスのドイツ語圏のチューリヒに留学することが決まりました。

言語学に興味があり、ドイツの大学もありましたがスイスでのドイツ語も興味深く、教授と話し合った結果スイスになったのです。

スイスのドイツ語

ノート
実際、スイスに行くと今まで聞いていたドイツのドイツ語(標準ドイツ語と言います)とは全く異なり、スイス人同士が話しているドイツ語は全く理解もできず、会話に入ることも出来ません。

アクセントも強く、独特の単語があるほか、砕けたメールは口語を文章に置き換えているのである程度憶測は出来てももはや完全には読み取れません

私のような外国人に対してはきちんと標準ドイツ語を話してくれますが、スイス人も標準ドイツ語に対してちょっと不安があるようで、自分はドイツ語が苦手だという人もいました。

スイスで1年間生活したその後

その独特のアクセントを聞き続けて1年経過し、日本に帰ってきてドイツ人のドイツ語の授業を聞くと、非常に話すスピードも速く、アクセントが薄いため、なぜか頭に言葉が入ってこず、全然聞き取れませんでした。

ドイツ語圏に1年留学したのに、ドイツ人のドイツ語が苦手ということがスイスに留学した者の定めですが、その留学のおかげで卒業論文はスイスのドイツ語で書け、優秀賞をもらうことができました。

スイスはドイツ語圏でも地域によって方言も異なり、ドイツとは違う文化があるので、言語的に見ても非常に興味深い街だと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Reisaのおすすめ情報体験談 , 2016 All Rights Reserved.