毎日の生活を楽しく!おすすめ情報をご紹介中

流行りのグランピング体験「淡路島FBI」

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

グランピングってご存知ですか?
ここ数年で急激に流行りだしましたグランピングとは、グラマラス(Glamorous)とキャンピング(Camping)を合わせた造語です。

キャンプというと、自分たちで荷物を持ってテントを張って…というイメージがありますが、ホテル並みの豪華な雰囲気でサービスを受けながら、キャンプならではの自然を満喫できる新しいキャンプスタイルのことだそうです。

全国でも、「グランピング」が楽しめる施設はどんどん増えていますが、今回は「淡路島FBI」でグラピングを満喫してきたというLさんの体験談をご紹介します。

淡路島FBI公式サイト:http://www.fbi-camping.com/awaji/

スポンサーリンク

グランピングが楽しめる「淡路島FBI」

最近流行の「グランピング」、キャンプには行きたいけど面倒くさいのは嫌!という方に大変人気が出ているようです。
今回は淡路島でグランピングが楽しめる「淡路島FBI」を紹介します。

淡路島のFBIは海の目の前にあるキャンプ場です。
砂浜にあるテントから、少し海から離れたキャビンまで多種類の宿泊施設が揃っています。

まずFBIに着くと、キャンプ場なのにそのオシャレな雰囲気にびっくりすると思います。

受付は素敵なビーチハウスです。
異国情緒溢れる小物がたくさん置いてあって、気持ちのいい音楽が流れていて、ソファなども設置されています。受付はまさしくリゾートのような雰囲気です。

今回私たちはJERRYというテントに宿泊しました。
JERRYの中には素敵なベッドが並んでいます。まさしくCMで観たことがあるようなオシャレな内装に、テンションは急上昇します。

可愛いチェアとテーブルも設置されていて、快適な空間になっていました。4人で宿泊できる大きさになっているので、家族連れでも大丈夫です。

キャンプ場だと思えない居心地の良いビーチハウス


夕食は受付にもなっているビーチハウスでいただきました。
こちらは昼はカフェ、夜はバーになっているそうです。

私たちが行く直前まで音楽演奏が行われていた様子で、大変盛り上がっていました。次は生演奏も聞いてみたいところです。

ビーチハウスには大きなソファが並んでいて、大変居心地がよく、キャンプ場だとは思えないくらいです。ハンバーガーやカレーなどのメニューがあり、どれもボリューム満点で大変おいしかったです。

バーがあるのでドリンクも充実しているのも嬉しいですね。またキャンプ場なので、全員が車のことなども気にせず、お酒が飲めるので、誰にも気兼ねなく思う存分飲むことが出来ます。

周囲にはキャンプならではのバーベキューを楽しんでいる方もいらっしゃいました。次回はそれにも挑戦してみたいです。

またビーチサイドで小さなキャンプファイヤーのように焚火を囲むこともできます。普段中々できない体験なので、非常にオススメです。

また夜には空に満点の星を見ることが出来ます。
波の音を聴きながら、星を見上げるなんてロマンチックな経験が出来るのもこちらの魅力です。

予約は必須!予約可能日すぐ予約しましょう

夜は虫に怯えることもなく、快適に休めます。
JERRYはベッドなので、体が痛くなることもなくぐっすりと眠れました。

オシャレで快適にキャンプが楽しめて、大変満足でした。

グランピング人気もあってこちらの淡路島FBIも早くに予約しないとすぐに埋まってしまうようです。ネットから予約開始日の確認が出来るので、予約可能日になればすぐに予約をするのがお勧めです。

普通のキャンプと比べると少しお高いグランピングですが、それだけ手軽にキャンプを楽しめます。是非こちらのFBIでグランピングデビューしてみませんか?

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Reisaのおすすめ情報体験談 , 2017 All Rights Reserved.